タバコの値上げ

来年度にたばこ税を引き上げることが検討されている。これまでの値上げは、物価に応じた小刻みなもので、喫煙者は受け入れてきた。しかし今回は意味が違う。

 今年の春ころ、1箱1000円にという案が検討されていたが、今回は600円だ。長妻厚労相は、国民の健康を守るためと言っている。タバコは健康によくないから、吸うのをやめるか控えるかしてもらうために価格を大幅に上げる、というわけだ。確かに、一挙に二倍になればやめる人が増えそうだ。

 だが私は絶対反対だ。一つには、健康を守るという目的と増税目的がごっちゃになっていて、前者が嘘くさい。よく言えば一挙両得だが、衣の下の鎧という感じもする。二つめに、タバコ農家の減収をどうするのか、という問題がはっきりしていない。JTは巨大企業で、すでにタバコ以外の分野にも進出しており、苦境を乗り越える力があるはずだが、農家は必ずしもそうではない。調べたわけでないが、的外れな推測ではないだろう。仮にJTや農家の減収を何らかの形で補償するなら、その分増税の効果は薄れる。

衣の下の鎧という意味は、国民の健康のためですよ、と言いながら実は、値段を二倍にすることによって嗜好品を取り上げるわけだからだ。タバコの害は十分に知らされているが、それを今後も続ければよいだけのことだ。健康によくないのはタバコだけでないし、タバコをやめて太ってしまい、今度はメタボを心配する人もいるようだ。色んなリスクがあり、どれを重視するかは個人の生き方の問題であり、権力から、タバコのリスクを重視せよと強制される筋合いはないのだ。

 国の財政事情は知っているから、20円位の値上げなら、渋々とはいえ受け入れるつもりだ。多くの喫煙者がそう考えるかどうかわからないが、少なくとも私はそうだ。

 今日のニュースでは、JTやタバコ農家に配慮して小幅に抑えることになったらしい。私の感覚では30円が限界というところで、なんとかそれで手を打って欲しい。ただ、2年ごととか上げていくこともありそうな雰囲気で、そこが気にかかる。

 結論、値上げは20円かせいぜい30円にして少なくても確実な増税を確保し、タバコを吸わない方がいい、というキャンペーンを今まで通りやればいい。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line