サンタ・クロース

Xマスが近づいてきた。イエスの誕生を祝うのはクリスチャンだけで、若者達にはゴージャスなデートをする日、子供達にはプレゼントをもらう日になっている。プレゼントをもらうのは子供達だけでなく、Xマス商戦はだんだん開始が早まって今では11月のうちにムードが漂い始める。そして恋人のない若者には、何としてもデートの相手を見つけねばという強迫観念があるようにさえ見える。さておき・・・


 子供にとって、サンタ・クロースは確実に願いを叶えてくれるありがたい存在?だ。そしてそれが親であることを知ったとき、子供時代は終わりを告げることになる。20年と少し前、私の息子たちにもそういう時期が訪れた。

 サンタ・クロースが煙突から入ってくる事への疑問で、それは始まった。そのまた30年ほど前、私自身も同じ疑問を持った。当時は薪ストーブ、ススだらけになるし、その前に人間が通れる太さにはほど遠い。何故か親に尋ねることはしなかったが、立場が変わってみると尋ねられた。

 私は、「サンタ・クロースは魔法を使って小さくなるんだ」と説明し、納得させることができた。次に、プレゼントの包装紙が、たまに連れて行ってもらうおもちゃ屋と同じことに気づいた。それに対しては、「遠いところで調達すると運ぶのが大変だからではないか?」と同意を求めたが、腑に落ちた様子ではなかった。

 そんな折、「サンタ・クロース」という映画が来て、妻が連れて行った。そして「信じたようだ」との報告があり、二人で苦笑したのだった。

 その次のXマスには、もう通用しなかった。”煙突”から多分3度目だったと思う。その長男の長女が今年、サンタに机をお願いしたという。机とはまた・・・大きくて説明に困るのではないかと思ったが、疑問を抱く年齢ではないことに気づいた。彼女が子供時代を終わるまで、あと何回Xマスがやってくるのだろうか。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

丸山恒平

Author:丸山恒平
FC2ブログへようこそ!
1949年1月生まれ、還暦を期にブログを始めました。記述することは多岐にわたります。
コメント歓迎・反論歓迎・トラックバック歓迎・リンクフリーです。

BLOGRAMに登録しています。できればカレンダーの下のタグをクリックしてください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line